給食室

給食室より
12345
2022/01/24new

全国学校給食週間①~明治時代の給食~

Tweet ThisSend to Facebook | by 山小給食
1/24(月)の献立
・セルフおにぎり(ごはん・梅干し・のり)
・山形すいとん汁
・鮭の塩焼き
・ほうれんそうのおかかあえ
・牛乳

学校給食は明治22年(1889年)に山形県鶴岡市の私立忠愛小学校で貧しい家庭の子どもに昼食を出したのが始まりとされています。その後全国に広がりましたが、戦時中は中断されました。そして戦後、昭和21年(1946年)12月24日から東京・神奈川・千葉で全児童を対象に学校給食が再開されました。文部科学省ではこれを記念し、学校給食の意義や役割についての関心をさらに高め、理解してもらうために冬休みと重ならないように1か月遅らせた1月24日からの1週間を「全国学校給食週間」と定めています。

今週は昔の給食が出ます。今日は明治時代の献立です。


日本で1番最初に提供された給食メニューは「塩むすび、魚の干物、漬け物」でした。給食では栄養価と児童の嗜好を考慮し、魚の干物を鮭の塩焼きに、漬け物を和え物に代え、梅干しとのり、すいとん汁をつけました。


教室では梅干しや鮭をごはんと一緒に上手にのりで包んで食べていました。細巻きにしたり、のりを数枚使って大きなおにぎりにしたり、具の組み合わせも楽しみながら食べていました。
08:30 | 投票する | 投票数(0)
2022/01/21new

手作りプリン

Tweet ThisSend to Facebook | by 山小給食
1/21(金)の献立
・ごはん
・わかめとホタテのスープ
・ホイコーロー
・手作りプリン
・牛乳

今日のデザートは給食室お手製の手作りプリンです!


下にカラメルソースのあるプリンを作りました。


下のカラメルソースはカラメルを固めたタブレット(原材料は砂糖のみ)で作りました。まず始めにタブレットをカップに一つずつ入れます。


次に牛乳と砂糖、卵をまぜて作ったプリン液をカップに流しこみます。


スチームコンベクションオーブンで蒸します。500人分のプリンを1度に蒸すことができる大きな機械です。プリン液がこぼれないようにそーっと入れます。


今日も子どもたちはよく食べました!
09:52 | 投票する | 投票数(0)
2022/01/20new

ココアバタートースト

Tweet ThisSend to Facebook | by 山小給食
1/20(木)の献立
・ココアバタートースト
・冬野菜のポトフ
・えびとブロッコリーのサラダ
・みかん
・牛乳

ココアバタートーストは児童が「家で食べていて、おいしいよ!」と教えてくれた料理です。児童から作り方と材料を聞いて、給食用にアレンジして提供しました。ココア、バター、砂糖をまぜて練った生地を食パンにぬってオーブンで焼いて作ります。


「食パンの隅まで味があった方がおいしいから!」と食パンの隅までしっかりとペーストをぬりました。


焼き上がると真っ黒に!黒い見た目に驚く子どももいました。


欠席者が多いクラスもありましたが、どのクラスも完食でした!
たくさんの子どもたちから「レシピを教えてほしい。」と言われたメニューです。

【ココアバタートースト(小学3年生・1人分)】
・食パン 1枚
・バター 10g(給食では無塩バターと有塩バターを5gずつ使いました)
・砂糖 10g
・ピュアココア 2g
バターと砂糖、ココアを練り混ぜたものを食パンにぬって焼いたらできあがり!

ココアバタートーストを教えてくれた児童は「食パンにバターをぬったものをトースターで焼き、その上からミルクココアの粉をふりかけて作る」のだそうです。お家でも作ってみてください。
11:02 | 投票する | 投票数(0)
2022/01/19new

大寒

Tweet ThisSend to Facebook | by 山小給食
1/19(水)の献立
・親子丼
・小松菜のおひたし
・りんご(サンふじ)
・牛乳

1月20日から2月3日までを「大寒」と言って、寒さが最も厳しくなるころという意味があります。そこで、今日は大寒にちなみ卵を使った「親子丼」です。大寒に生まれた卵には生気(エネルギー)が満ちあふれているので、食べると1年間健康で過ごせると言われています。


今日の山形村の最低気温はー11℃、最高気温は2℃でした。予報によるとまだまだ寒い日が続きそうです。栄養のあるもの、温かいものを食べて体の中から温まりましょう!
09:16 | 投票する | 投票数(0)
2022/01/18new

たこやき揚げ

Tweet ThisSend to Facebook | by 山小給食
1/18(火)の献立
・かきたまあんかけラーメン
・たこやき揚げ
・千草あえ
・牛乳

山形小学校には長年の給食レシピがたくさん残っています。その中から見つけた「たこやき揚げ」を今日の給食に出すことにしました。


キャベツ、小麦粉、たこ、しょうが、あおのり、えのき氷(卵の代り)、塩、水を入れてタネを作ります。


回転釜に油を入れて揚げ物を作ります。油の中に丸めたタネをいれます。


10分ほど揚げたら、中心まで火が通っているかを確かめるために温度を測ります。


ソースとかつおぶしをかけます。


「明日は絶対休まない!たこやき揚げが楽しみだもん。」と言ってくれた子もいました。
みんなの期待に応えられたかな?
08:28 | 投票する | 投票数(0)
2022/01/17new

小正月

Tweet ThisSend to Facebook | by 山小給食
1月17日(月)の献立
・小豆ごはん
・すまし汁
・赤魚のみそ粕焼き
・白菜ともやしのあえもの
・干し柿(市田柿)
・牛乳

1月15日は小正月でした。大正月と呼ばれる元旦は年神様を迎える行事ですが、小正月は農業の神様を祭る行事です。小正月の日には1年中の邪気を払う力があると考えられている小豆を使った小豆がゆを食べます。給食ではおかゆではなく、お米ともち米で炊いた小豆ごはんをいただきます。


09:11 | 投票する | 投票数(0)
2022/01/14new

餃子

Tweet ThisSend to Facebook | by 山小給食
1/14(金)の献立
・麦ごはん
・こんにゃくとごぼうのみそ汁
・焼きぎょうざ
・長芋のポテトサラダ
・牛乳

餃子は中国料理の一つで、形が昔の中国のお金の形に似ていたことから縁起の良い食べ物として大切にされています。今でも中国の人たちは大晦日やおめでたい日には家族みんなで集まって餃子を作ってお祝いするそうです。


給食室でも調理員の先生方が総出で餃子を作りました。餃子を作りながら話に花が咲き、笑いが絶えません。中国でも餃子を作りながら家族みんなで賑やかに話をするのでしょうか。


餃子の皮に一つ一つタネを包みます。


具がぱんぱんに詰まった餃子ができました!


09:07 | 投票する | 投票数(0)
2022/01/13new

シェパーズパイ

Tweet ThisSend to Facebook | by 山小給食
1/13(木)の献立
・米粉パン
・ABCスープ
・シェパーズパイ
・大根とひじきのサラダ
・牛乳

シェパーズパイはイギリスの家庭料理で「羊飼いのパイ」という意味だそうです。ひき肉と野菜を炒めたミートソースの上にパイ生地に見立てたマッシュポテトを重ね、オーブンで焼き上げて作ります。本来はラム肉をで作る料理なのですが、給食ではラム肉ではなく豚肉を使いました。シェパーズパイの他、フィッシュパイやコテージパイなど、イギリスには様々なパイ料理があります。

給食室では始めにミートソースを作ります。豚肉とみじん切りにした野菜(にんにく、しいたけ、たまねぎ)を炒め、村内産のケチャップと赤ワインを加え、塩、こしょう、ナツメグで味付けします。


今日は豆類の摂取量アップのために大豆を入れます。


じゃがいもはスチームコンベクションオーブンで蒸してからつぶし、牛乳、バター、塩、こしょうで味付けします。


紙カップにミートソースをいれ、その上にマッシュポテトを重ねます。



食物アレルギーの児童用に対応食も作ります。
牛乳、バター、大豆が入らないもので、見た目は他の児童用のものとほぼ同じです。


色よく焼き上がりました!
09:24 | 投票する | 投票数(0)
2022/01/12new

キャベツメンチカツ

Tweet ThisSend to Facebook | by 山小給食
1/12(水)の献立
・麦ごはん
・豆ふとわかめのみそ汁
・キャベツメンチカツ
・ツナとほうれん草のあえもの
・牛乳

今日は5・6年生がスキー教室で出かけているため、いつもより作る給食の量が少ないです。こんな日は少し手のこんだ料理を作ることができます。そこで、今日の主菜はメンチカツにしました!
メンチカツは日本生まれの洋食の一つです。ハンバーグに衣をつけて油で揚げるような料理なので手間がかかりますが、手作り・出来たての味は格別です。


給食室では鶏と豚のひき肉、玉ねぎ、キャベツ、えのき氷(卵の代わりです)、パン粉、ナツメグ、塩、コショーを混ぜてタネを作ります。成型し、周りに小麦粉をつけたらバッター液(えのき氷、小麦粉、水)にくぐらせ、パン粉をつけます。


油で揚げたらクラスの食缶に入れ、上からソースをかけます。


キャベツメンチカツのおかわりを各クラスにたくさん入れましたが、どのクラスも食缶を空っぽにして返してくれました。
08:53 | 投票する | 投票数(0)
2022/01/11new

鏡開き

Tweet ThisSend to Facebook | by 山小給食
1/11(火)の献立
・力うどん
・ツナと豆腐のサラダ
・りんご(ふじ)
・牛乳

鏡開きはお正月に家に迎えた神様にお供えしていた鏡餅をさげ、いただく行事です。鏡餅を細かくして汁粉やぜんざい、雑煮などにしていただき、1年間元気に暮らせるようにと願います。鏡開きの日は地域によって異なるようですが、全国的には1月11日に行うところが多いようです。
鏡開きにちなみ、今日はうどんの上に餅をのせて食べる「力うどん」です。給食では油揚げの中に餅が入った餅巾着を釜で煮て提供しました。


給食室の大きな鉄釜で550個の餅巾着を煮ます。油揚げの中の餅まで味がしっかりと染みました。


餅巾着をうどんの上にのせて食べます。

【今日の給食クイズ】
鏡餅を細かくするために使うと良い、とされている道具はどれでしょうか?
①包丁 ②木づち ③握りこぶし

答えは②の木づちです。鏡開きはもともと武家の風習でした。「切る」という言葉は武士にとっては「切腹」を連想させる縁起の悪い言葉とされたため、鏡餅は包丁で切るのではなく、木づちなどで叩いて細かくします。「割る」という言葉も「開く」という言葉に代え、「鏡開き」と呼ばれるようになったようです。
③の握りこぶし!と力強く回答したクラスもありました。諸説ありますが、お餅の入った力うどんは「力もち」という言葉からこの名前がついたと言われています。力うどんを食べて力強く新しい1年を過ごしてほしいです。
09:15 | 投票する | 投票数(0)
12345